iOS端末で全画面広告が開きアプリが落ちる現象

少し前から悩ませれていたで、先日やっと解決したので、
同じような現象で悩まれている方がいらっしゃったら参考になればと思いご紹介いたします。

現象

よく何かのサイトやアプリで会員登録する際に、facebookやツイッターの情報を使って会員登録するというボタンありますよね。

例えばsafari等のブラウザで会員登録する際に、そのボタンを押すと一旦facebookのアプリに飛び、ログインすると再びsafariに戻ると会員登録ができている。

本来はみたいな流れになることが多いと思いますが、

ここ最近、使用しているアプリから、別のアプリに移動する場面でその際に、本来飛んでほしいアプリに移動せず(上記例であればfacebookアプリ)

下記のような全画面の広告画面に飛び、 それを消すと元のアプリが落ち何度試しても同じことが起こり、それ以上進むことができなくなるという現象が続きました。
ip_add0*広告主は非がないのでモザイクをかけています。

全画面広告なので、広告を押す意外にできることはない。

別のアプリに飛ぶ場合意外も、変なときに勝手に広告に飛ぶときがあり発生状況は不明。

PCであればウイルスかと思いますが、iphone(脱獄していないものに関して)でそのようなウイルスは聞いたことはないですし、発生する条件がつかめなかったこともあり、うまく調べることができず。

とりあえず最近入れたアプリを消したりしていたのですが、それでもだめ。

その広告がでたらとりあえず「ホームボタン」を押して最初からやるようにしていました。
何度やり直しても、広告が出て、結果その作業はあきらめざるえませんでした。

しかし、ひょんなことから原因がわかりました。

原因判明

その現象になって、今回は切らずにホームボタンをダブルクリックしたところこんな画面になりました。

ip_add02

・・・・

・・・

 

ip_add03

「おまえかー」

そう!このアプリが原因だったのです。

原因は「Frima」というアプリ

このアプリは最近話題のフリマアプリの「メルカリ」「フリル」「ラクマ」などの
のフリマアプリを一網打尽に一括検索できるアプリです。

私は基本メルカリしか使わないですが、一応その他サイトでも適正価格の調査のためにこちらのアプリを利用していました。
アプリを渡って一括でできるので、重宝していましたが、かわいい顔して中身はドス黒のアプリです。

無料アプリの多くの財源は広告によるもので、アプリ製作者は広告を押させたいがためにさまざまな施工をします。
通常やる方法は、目立つ場所に表示し誤クリックさせる方法はよく見ますが、他のアプリから意図せず起動し、広告を表示させ、更に元のアプリを落とす。

もはや、強盗殺人です。

このアプリを入れている方、今から入れようと考えている方は気をつけてください。

現在(2015.8.13)はアプリは公開されていないようです。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で生活改善ライフをフォローしよう!

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

iPhone標準カメラで接写でボケないようにする技

【100均材料で】ディスプレイ縦置きスタンドを自作

macbookで外付けwindowsキーボードは使えるのかやってみた

iPhone、スマホのコンセントまわりのグチャグチャを解消するUSBコンセント

【オススメ】ハワイ・ホノルル現地受取のVision MobileのポケットWif...

iPhone7 plus予約した理由