ビーチテントはサンシェードじゃなくてフルクローズできるスクリーンタープがおすすめ!オススメ10選

スポンサーリンク

夏ですね!
夏と言えば海ですね。

真っ青な海に、真っ白い砂浜・・・

じゃなくて、砂浜はテントだらけ。
もはや水着と相まってカラフルな砂浜ですね笑

私が小さいころは日よけはパラソルぐらいしかありませんでしたが、
近年は、サンシェード・ポップアップテントなどのビーチテントが主流です。
日差しが強いのでも海の必須道具ともいます。

私も例にもれずビーチテントを購入しましたが、なんか違うを繰り返し、ビーチテントはスクリーンタープが最適という結論に至りました。

スポンサーリンク

失敗1 ポップアップ サンシェード

ビーチテントと言えば、サンシェードですよね。
コンパクトで軽くて安いし最高ですよね。

使ってみて思った不満こと

やっぱり狭い

1人だといいですが海に一人で行く人いないですよね。
クーラーボックスを持ってきたり、着替えをしようとしたりするにはサンシェードは小さすぎるのです。荷物が多いともはや、日がよけれるのは荷物だけなので、一切日よけになりません。
構造上大き目のサンシェードは難しいのでしょう。

ということで海でサンシェードではあまりよくありませんでした。

そこで、広めのワンタッチテントを購入することにしました。

失敗2 メッシュ窓付きのワンタッチテント

サンシェードが小さかったので少し大きめのテントを買いました。
ビーチでは楽に設営したかったのでワンタッチタイプにしました。
熱がこもらないようにメッシュ窓付きのやつです。

使ってみて思った不満だったこと

メッシュ窓はあるけどめっちゃ熱い

風の通り道があれば小さくても風は通る!っと思っていましたが、炎天下のビーチでは小さめのメッシュの窓ぐらいでは全然だめでした。
風通りが悪く、中は常に蒸し風呂状態。
外よりも厚いのでもはや意味がわかりません。

入った砂の掃除が面倒

熱いこともそうですが、掃除が面倒でした。

テントは雨やゴミが入らないように、「立ち上がり」がついています。
通常使いであればいいですが、ビーチの場合どうしてもテント内に入るとき砂も一緒に入ってしまいます。一日海にいると中は砂だらけ。

撤収の時に立ち上がりがあるので、その砂をとるのが大変でした。

ビーチでは立ち上がりがなく、床シートがないものがいいと思いました。

すべてを備えたスクリーンタープ

以上の不満な部分をすべて解決してくれるのがスクリーンタープでした。

スクリーンタープとは?

スクリーンタープ

スクリーンタープとは、メッシュの壁が付いたタープのこと。テントとは異なり、床がないのがほとんどです。
メッシュなので虫が入らなかったり、プライベート空間を保ちつつ適度な解放感もあるいいとこどりの商品です。

一般的にイスで座ることを想定しているので、テントよりも天井高が通常の高いです。

どのスクリーンタープ?

スクリーンタープと言えど、様々な種類があります。
ワンタッチタイプ、組み立てタイプなど。

しかし、スクリーンタープで譲れないのはフルクローズ機能です。

フルクローズ機能があると着替えもできるし、いざとなればテントとしても使うことができます。
スクリーンタープを購入する場合は、フルクローズできるか確認したほうがよいです。

普通のタープにメッシュシート、サイドシートはダメなの?

スクリーンタープのほかに、普通のタープにサイドシートをつけるタイプも検討しました。
しかし、標準で4面フルクローズできるタープは探しましたがありませんでしたし、追加でサイドシート、メッシュシートを買うと非常にコスパが悪いです。

またサイドシート、メッシュなどは別購入なので標準収納袋には入らないので、荷物が増えてしまいます。

メッシュやフルクローズを前提に買うので、スクリーンタープの方がオススメです。

おすすめのフルクローズできるスクリーンタープ10選

格安モデルのスクリーンタープ

クイックキャップ スクリーンタープ

フルクローズ付きでワンタッチタイプ。
日さし用のポールが別売りだったり、ワンタッチは強度的に不安だったので今回はやめました。

110
110

奥さんに相談したところ、高いと却下されました。

ノーブランド フルクローズ スクリーンタープ

こちらは私が購入したスクリーンタープです。
ノーブランドではありますが、「フルクローズ」「UVカット」「日さしポール付き」とすべてついて1万を切る安さ。

ワンタッチではなかったので少し迷いましたが、ワンタッチよりも丈夫で案外組み立ても簡単だったので買ってよかったです!

【Bears Rock】 スクリーン


価格、機能的にクイックキャップのスクリーンタープとほぼ同じ。
ミリタリー調が好きな方はいいでしょう。

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) キャンプ用品 テント オルディナ リビングスクリーン

キャプテンスタッグは格安ブランドとしてそこそこ有名ですよね。
ただし日さしがないのが残念。

有名ブランド&大き目サイズのスクリーンタープ

有名ブランドのスクリーンタープは総じてサイズが大きめです。
大家族やたくさんの方で使う場合は、こちらから選ぶといいと思います。

ホールアース(Whole Earth) ワンタッチスクリーン320 WE27DA22 テント キャン

見た目ならこれが一番好きです。
フルクローズ付きでワンタッチタイプ。
値段が2万越えだったので検討にも入りませんでしたが、素敵です。

コールマン

created by Rinker
コールマン(Coleman)
¥26,935(2019/10/17 17:55:26時点 Amazon調べ-詳細)

やっぱりノーブランドは嫌という方は、コールマンのスクリーンタープはいかがでしょうか?
日さしはないのが残念です。

ロゴス タープ

created by Rinker
ロゴス(LOGOS)
¥45,200(2019/10/17 17:55:27時点 Amazon調べ-詳細)

こちらはロゴスのフルクローズワンタッチスクリーンタープ。
格安のスクリーンタープとは一線を画くデザイン。しかしお値段がなかなかします。

スノーピーク スクリーン

created by Rinker
スノーピーク(snow peak)
¥109,780(2019/10/17 17:55:27時点 Amazon調べ-詳細)

こちらも格安のスクリーンタープとは一線を画くデザイン。
こちらもやはりお値段が・・・

まとめ

いかがでしたか?
実際に、紹介したフルクローズできるスクリーンタープを海で使いましたが、めちゃくちゃ風が気持ちよく、スペース的に十分でした。

ビーチテントを購入する際は考えもせずにサンシェードではなく。スクリーンタープも検討してみるといいと思います。

コメント

アウトドア・BBQ
スポンサーリンク
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
生活改善ブログ