初心者でも簡単・丈夫なウッドデッキの作り方

どうも110です。
今回から数回に渡り、初心者でも簡単かつ20年はメンテナンスフリーのウッドデッキの作り方についてご紹介します。

そもそも初心者の私がなぜ、ウッドデッキを作ったのかというと、私が家を建ている際にどうしてもウッドデッキが欲しかったのですが、ただの木と木の組み合わせと思ってあなどるなかれ、見積もりをとるとかなりの金額だったため、諦めざるえませんでした。

しかし、どうしても諦めきられない。
構造はシンプルなので自分でもできるのではないかと思い、作って見ることにしました。
(今思うとド素人の過信がひどいですw)

かなりいろんな本やネットを見て、調べていろいろ大変でしたが、初心者でもなかなかうまくできたのでその作り方をご紹介いたいます。

ちなみに屋根付きや手すり付きのウッドデッキは対応しておりません。

計画

どんな木材(板)を使う? 

まずプラン(設計)を考えると思うかもしれませんが、使う材料や工法によってプラン(設計)がかわってくるのでまずは木材を考えます。

ウッドデッキで一般的に利用されている板は大きく分けて3つ。

  • 人口樹脂
  • ハードウッド
  • ソフトウッド

私はハードウッドを使用しました。
見た目もよいし、価格、耐久性、メンテナンス性もよいので、一番おすすめです。

しかし、ホームセンターに売ってないので、購入するにはネットを利用するしかありません。

私は「リーベ」という通販サイトで購入しました。
ハードウッドの種類も豊富で、安い材料がありますのでおすすめです。

私の購入した商品はこちら
イタウバ(リーベ)

工法を考える

ウッドデッキ鋼製束・ZAMハット 大引き工法

続いて工法を考えます。

一般的に有名なものが「大引工法」と「サンドイッチ工法」と呼ばれる2種類ですが、ここではそれに加えて大引工法の基礎部分を鉄骨にする「鉄骨大引工法」の3種類を紹介いたします。

私は圧倒的に「鉄骨大引工法」をおすすめします。

鉄骨なので腐らないですし、私の紹介する束はZAMとい塗装がされているため、さびにも強いし、高さ調整もめちゃくちゃ楽&安いので他を選ぶ理由がありません。

サンワカンパニー・鋼製根太用鋼製束はこちら>>

サンワカンパニー・ハット型鋼はこちら>>

プラン(設計図)を考える

続いては設計になります。

大きさや基礎の位置、設計図を考えます。

かなりめんどうな作業ですが、プラン設計がしっかりしていないと、あとあともっと面倒なことになるので、最初にしっかりとした設計を行いましょう。

また設計がしっかりとしていないと木材のロスや木材が足りなくなったりと、あとあとの予想外のところでコストがかかるので慎重に行いましょう。

高さは窓の下に合わせる床がそこまで続いている感じがして、部屋も広く見えるし、とても便利です。

予算の算出。材料・工具の準備、購入

あとは材料や工具の調達です。

ウッドデッキをいざ作ってみてわかったことであるが、ウッドデッキに必要なものは木材と基礎(石)だけでなく、さまざま工具・ビス・コンクリートを混ぜる舟など想像もつかない細かいものが必要になります。

しかも、ドリルも一本600円程度することからもわかるように、地味に金額がかかります。(100均のドリルは折れたりしやすいので、やめたほうがよいです。)

私の場合は友人に借りることができましたが、工具などすべて買うとかなりコストがかかり、気がつくと頼んだ金額とそうかわらなくなることもあります。

実際、ウッドデッキを作ると思い出にはなりますが、決して楽な作業ではないですし、時間もかかります、もしこの検討予算で業者と同じぐらいになるのであれば、おとなしく業者に頼みましょう。おそらくクオリティーの高いものができると思います。

ここではそんなことにならないように必要なものリスト化して、本当に価格予算を算出していければと思います。

ここまでで準備段階は終了です。

基礎作り

土台(基礎)づくり

*すでにコンクリート基礎の場合はこの作業は必要ありません。

まずは、ウッドデッキの基礎部分は板を張ってしまったら、草むしりなどができないので、防草シートを張ります。

これをしないとウッドデッキの間から草がでてくるけど、草がむしれないことになります。

地面をほり、設計通りに束石を配置していきます。

一番下に砂利を引いて、コンクリートを練って、束石を固定していきます。
砂利の量やコンクリートの量がわからなかったので、何度も買い足ししにいきました。

この作業が一番つらく、面白くない作業でした。

束・根太

やっと本格的にウッドデッキを作っている実感がわく作業になります。

固定した束石に鋼製束を設置します。(この時は固定しないのがポイント)

ハット型鋼を束の上に載せていきます。(建物足して大引を直角にしたりなど苦労しました。直角等は大きめの三角定規を利用しました。)

束の高さを調整して、ハット型鋼を束の上に載せます。

ハット型鋼が水平になるように束の高さを調整します。

束石に束用のボンド(∫別売り)を塗り、束を固定します。
固定後に、付属のコンクリート釘で更に固定します。

*この時、下穴を開けないと束石が割れてしまうので下穴を開けてください。

板張り

そしてやっと、一番たのしい板張りの時間です。

基礎と板に下穴をあけて、ビスで板を固定します。

基礎が鉄骨で板が木なので、鉄骨用のドリルで下穴をあけます。

インパクトやドリルドライバーが2個ないとかなり作業効率が悪いので、2つ用意したほうがよいでしょう。

完成

板張りが終わったら完成です。

ハードウッドを使う場合は、塗装や防腐剤は必要ないので楽ちんです。
ただ、わたしの買ったイタウバは若干ささくれがあり、大人の固い足だと大丈夫ですが、こどものやわらかい足だと、ささくれがささってしまいました。

気になる部分はヤスリかサンダーをかけたほうがよいと思います。

最後に

ウッドデッキは本当に最高です。

  • 天気がいい日は外で朝ご飯を食べるだけで本当に気持ちがよいです。
  • 夏は日焼け
  • バーベキュー

ウッドデッキができる前は庭にでるのは相当おっくうでしたが、ここまで違うかというぐらいウッドデッキを使うよになりました。

ぜひみなさん挑戦してみてくださいね。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で生活改善ライフをフォローしよう!

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

関連記事がありません。