スマートスピーカー付き目覚まし時計「VOBOT」のレビュー[PR]

スポンサーリンク

どうも110です!

今日はなんと!

なんと!!

なんと!!!

初めてのPR記事なんでーす(^O^)/
パチパチ!

ブログ歴は長いのですが、知り合い以外に提供されたものをレビューするのは初めてです。

いやーツイッターのDMでお話しいただいたことは嬉しかったなー
提供のVOBOTさんありがとうございます。

ただ、PRだからといって決して嘘などは絶対に書かないので心配ご無用です。

そして早速ですが、今回レビューするのはこちら↓

知らないですよね?^^;

正直、私も全く知らなかったんですが、Amazonの販売ページを見るとどうやら、アレクサ搭載した目覚まし時計みたいなものとのこと。
つまりスマートスピーカー搭載の目覚まし時計だということです。

アレクサ自体は画面がなくて、5,980円。
こちらのVOBOTは画面付き(カラー液晶ではない)で、 5,680円なので少しお得感はありますね。

ちなみに私はGoogle Homeを持っていますが、アレクサは持っていなかったので、楽しみです。

それでは早速レビューしていきます。

スポンサーリンク

見た目

VOBOTの外観

内容は非常にシンプル。
vobot、usb、取扱説明書
電源アダプタがないのでご注意ください。

VOBOTの付属品

本体は円すい形でマットブラックです。

VOBOT
びっくりしたのはかなり軽量なこと、画面があるのに軽量すぎて本当に映像が映るのか心配です。

裏はこんな感じ。

VOBOTの背面
時計みたいですね。

VOBOTマイク

上部にスピーカーが付いています。

初期設定

取説を見て設定してみましたが、アプリもあるようですが、私はウェブサイトから登録してみました。
http://myvobot.com

基本的に、amazonアカウントでログインしてデバイスを追加するだけWIFI名前を自分で入れないといけないのが、その他アプリに比べ面倒でしたが、その他は非常に簡単でした。

操作してみた

Vobotのアレクサを起動する方法は2つあります。

アプリ(サイト)からアレクサを起動させる

アプリのマイクボタンを押して、操作することができます。

手をかざしてアレクサを起動させる

スピーカーのすぐ上にマイクのマークがついていますが、そこに手をかざすとアレクサが起動します。

最初はどうかな?って思いましたが、「アレクサ」と毎回叫ばなくていいのは、意外といいです。この発想はありませんでした。

良かったこと

ディスプレイがあること

私は、GoogleHomeで天気をよく聞くですが、意外と聞き逃すことも多いし、結構神経を研ぎ澄ませる必要があります。
英語のリスニングテストってかなり真剣になるじゃないですか?あれと一緒なんです。

でも、ディスプレイで表示してくれると視覚的にわかるし、これはよいですね!

最近では高画質なアマゾンエコースポットもでましが、すこし高いですね。

手で押さえて操作

スマートスピーカー持って人ならわかると思いますが、地味に「アレクサ」とか「ねーGoogle」とか毎回毎回呼びかける地味に面倒なんですよね。

しかし、これはかざした時に喋るだけなんです。最初はかざすのが面倒かと思いましたが、呼びかけなくいいのは思った以上に楽でした!

バッテリー搭載で外でも音楽を楽しめる

amazon echo dotはバッテリーを搭載していませんが、vobotは搭載しています。
小さいですし、外でバーベキューやキャンプの時にはよさそうです。

よくなかったところ

PRですが、心を鬼にして、よくなかったところも発表します。

遠くから操作が面倒です

よかったところで手をかざして操作は楽だといいましたが、逆を言えば手をかざさないと操作できないのです。

アプリからも操作できますが、毎回起動していられません。
やはりすこし離れた場所から操作したいと思うこともあるので、今後のバージョンで対応を期待します。

音がよくない

ディスプレイがついて、このお値段なので仕方ないですが、音はそんなによくないですね。
一応イヤホンジャックがついているので、そこからスピーカーにつなげるのはありかもしれません。(Bluetooth非搭載)

まとめ

目覚まし時計としては、かなり賢くて、価格も安いので悪くないと思います!

コメント

商品レビュー・便利グッズ
スポンサーリンク
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
生活改善ブログ