オススメの鼻毛カッター3タイプから比較

鼻毛って一掃したいと思ったことありませんか?

もうツルツルに!と・・・
私は以前からずっと思っていました。

私のめちゃくちゃ剛毛な鼻毛は、鼻毛カッターでメンテはしていましたが、メンテを怠るとしょっちゅう「こんにちわ」するし、カットしても「ハロー」するし。

特に奥の方や、鼻の内側がうまくいきません。

鼻

 

いっそのこと、ブラジリアンワックスでやろうかと思うけど、それはそれで地獄…
一度ならまだしも、一生これは無理ですね。


GOSSO ゴッソ (ブラジリアンワックス鼻毛脱毛セット)

使っていた鼻毛カッター古くなって壊れて、新しくした鼻毛カッターがすこぶるよいのでご紹介します!

それがこちら↓
「フィリップス 鼻毛・耳毛・眉毛カッター  NT3160/10」
Cutter_main_img

カッターと眉毛の長さ調整のコームが2つと袋がついています。

ツルツルとまではいかないですが、本当に綺麗にそれます
ほぼ鼻毛一掃と言っていいでしょう。
(時間をかければツルツルまでいけかも!?)

でもあんまりツルツルは、雑菌とかも簡単に入ってしまうようで、あんまりよくないみたいなので多少は残してあります。

BEFOREとAFTERを出したいですが、流石に閲覧注意なので、
よかった点・すごい点をご紹介。

ここがすごいぞ、フィリップス 鼻毛・耳毛・眉毛カッター  NT3160/10!!

私がすごいと思ったところを他の商品と比較しつつ紹介します。
比較する商品はこちらの3つ

  • フィリップス 鼻毛・耳毛・眉毛カッター  NT3160/10(今回買ったオススメのやつ
  • パナソニック フェリエ ES2105(現行の型番は ES-WF40-W)
    →鼻毛カッターではないが、鼻の内側を剃るのに使っていました。
  • ノーブランド 鼻毛カッター(今まで使っていた鼻毛カッター)

○奥まで入る首の長いヘッドで奥も内側も根こそぎカット

長いヘッドで鼻の奥までしっかり入ります。
その他2つと比較すると長く細いことがわかりますね。

Cutter_size Cutter_head_size

ヘッドがほかのに比べて細いので、今まで入りづらかった奥の方までしっかり入りつつ、
カミソリ型なので、鼻の手前内側のカットが難しい部分もしっかりカットできます。

カットスピードが早い

以前使っていたものと比べると圧倒的なスピードでカットできます。
刃の大きさと刃の振動するスピードも他とは比べ物にならないくらい早く感じです。

刃の大きさ

Cutter_size

刃がでっかい分一度にたくさんカットできます。

刃の振動スピード

動画をとってみました、体感ですがカットスピードも違うと思います。
他の2つに比べて音が明らかに早いし、安定しています。

価格が安い!

なんといっても安いです。
とは言っても他の鼻毛カッターに比べると同じぐらいですが・・・
まぁ安い!

ちなみに私が購入したのはNT3160/10というやつで、眉毛コームが2種類ついているやつなのですが、そのコームがいらない人はNT1150/10で十分です。性能は一緒で付属が違うだけのようです。

NT1150/10は1000円程度で購入できます。
*QTシリーズはトリマーなので鼻毛はカットできません。

Cutter_list

 

○この値段でなんと保証が2年

さすが大企業としか言えないですが、この価格で2年保証。すごすぎです。

cutter_2year

○ヘッドをつければ、眉毛もいける!ちょっとしたヒゲとかも

眉毛の形の調整。専用コームをつけて長さの調整もどっちもできます。眉毛

購入する前は眉毛と鼻毛一緒なものでカットするので少し「どうかな?」と思いましたが、
水洗いもできますし、カット面が表にでているので、さっと流すだけで清潔です!

デメリット

唯一、前のノーブランドの鼻毛カッターの方がよかった点は、カットするときは結構な毛が落ちるということです。

前のやつは構造上、多くの毛が中にたまっているので、車の中とかでもできたのですが、しかし、フィリップスの鼻毛カッターはカミソリ型なのでそのまま毛が落ちるような構造なので、ティッシュやゴミ箱の上で使用する必要があります。そのままでは大惨事。

裏を返せば、古い鼻毛がたまらないので、いつまででも綺麗に保つことができるということでもあります。

まとめ

マジでスッキリ!
鼻毛を一掃したいと思ったことがある人は必見です。

鼻毛カッター(眉毛コーム付き)がほしい人こちら

眉毛コームはいらない人

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で生活改善ライフをフォローしよう!

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

革靴が色褪せしたので自力で染め直してみた

iPhone、スマホのコンセントまわりのグチャグチャを解消するUSBコンセント

炉ばた大将 焼き加減

[BBQ]まだ火起こしで消耗してるの?炉ばた大将

ボタニカルシャンプー

人気のボタニカルシャンプー「BOTANIST」を使ってみた

DIYでドア(引き戸)を電子錠に替えてみた

[レビュー]soil バスマットが最高すぎる