9ヶ月で4つiPhoneケースを替えた私がほぼ最高のケースに出会った【分離型iPhoneケース】

どうも9ヶ月で4つiPhoneケースを替えた110です。
2ヶ月に1回程度変えていることになります。

ん?なんでそんなに変えるのかって?

それは・・・

満足できてないからです。

スマホは、嫁よりも子供よりも一番長く私のそばにいる右腕・・

いや、両腕・・・

いや、もはや私のブレインです。

ブレインには、最高のパフォーマンスを発揮するために、最高のお召し物で最高のパフォーマンスを発揮してほしいのです。

今までのiPhoneケースの不満だった点

今まで私は手帳型のiPhoneケースを愛用してきました。

カードも入れることができるし、ちょっとしたチケット、切符なども入るし、スタンドとしても使えて便利なのですが、1点だけ不満な点がありました。

それは・・・

写真を撮る時です。
こんな感じ↓

手帳ケースで写真をとる時
手帳タイプのケースで写真を撮る時、カバーを開けたままとる必要があり、明らかに写真撮ってます感がでてしまいます。

撮ってる感?問題ないじゃん。

ん?・・・

えっ!もしかして盗撮!?

とか思われるかもしれませんが、断じて違います

私は、基本的にブログとかの写真はお店に断りなく撮らせていただいております。
断りを入れるとお店に感情移入して、公平な記事がかけないからです。(本当はコミュ障だから話しかけられません)

撮っている感を出しながら撮ることができるのはせいぜい3枚程度です。(コミュ障だから)
でも本当は10枚くらい撮影したいのです。

そのため、なるべく撮っている感を出したくないのです。
できればこんな感じ↓

普通のケースで写真をとる時

画面を見てる風にも見えないことないでしょ?(というかよくよく考えると、まぁ盗撮といえば盗撮ですねw)

話が長くながくなりましたが、何が言いたいかというと手帳タイプじゃなかったら、普通の操作してるふりして写真を撮ることが可能なので、手帳タイプの収納力とカバー力を持ちつつ、かつ、普通の操作してると見せかけつつ、写真を撮れるカバーを探していました。

まぁそんなのないだろうなーっと思っていましたが・・・

 

ありました!

外観

iPhone分離型ケースの外観

一見するとただの手帳タイプのケースのようですよね?

ベルトは嫌でしたが、このタイプケースが少ないので、妥協しました。
実際使ってみると、そんなに気にすることはなかったですw

iPhone分離型ケースの中身

開けるとこちらも、手帳タイプと同様にカードポケットが3つついています。

iPhone分離型ケース03

外はこんな感じ。

そして、ここからがすごいところ。

なんとこのケース。

手帳部分と本体が切り離せる分離タイプなのです。

iPhone分離型ケース

仕組みはマグネットでくっついているだけ。

もちろんスタンドにもできます。

iPhone分離型ケースをスタンドに

本体の方のケースはこんな感じ。

iPhone分離型ケースの本体側

iPhoneの周りがフルでカバーされているので、これだけでも大丈夫そう!

買う前に心配だった点

磁気の影響でアップルペイとか使えるの?

問題なく使えております!

クレジットカードは磁気の影響は受けて使えなくならないの?

磁気カードだと駄目になるらしいですが、ICカードとかは問題ないです。
磁気カードは黒い帯がついているカードのことです。

磁気カード

よかった点

分離がやっぱり便利

カメラがとりやすい

1番の目的だった、操作してると見せかけて写真をとることできるようになりました。w
かなり満足です。

寝ながらでもいい感じ

手帳ケースだと、いつもカード入れ+カードひっついてきておのずと重かったのですが、分離できるので、外したときは軽くて最高でした。

やっぱり手帳タイプって、便利は便利だが、結構邪魔だったのだと思い知らされました。

縦でもスタンドにできる

iPhone分離型ケースの縦でも使える

通常の手帳タイプではできない縦スタンドとしても使えるです。素晴らしい。(iPhoneきたないw)

手帳なしでもカッコイイし、フルカバー

iPhone分離型ケースの本体だけでもかっこいい
これは好みですが、手帳外したタイプだとめちゃくちゃかっこよくないですか?
一般的なフルカバーのやつってただのポリカ素材でテカテカしてるけど、これは裏面が合皮うーん素敵だし、周りがすべてカバーされているのも嬉しいです。

冷蔵庫・黒板・ホワイトボードなどに張れる

まぁ僕は今のところ使い道はないですが、主婦だったら冷蔵庫に貼り付けてみたいな使い方は便利かもしれません。(ただし、僕が購入したのは手帳外した状態だと張り付きませんでした。)

車につけれる

通常、車に↓のようなものをつけると、iPhoneに金属シールなんかを貼らないとくっつかないのですが、ケースに金属が付いているので、そのままくっつきます。

こちらは、手帳ケースを外していてもくっつきました。

おしい点

重くて、厚い

マグネットが入っているので仕方ないですが、やっぱり重くて厚いです。

実際のところ、必要なときだけつけるだけで、ほとんど外して使っているので、重さは感じません。
ちなみに、外せばどの手帳タイプのケースより軽いです。

もとの位置に戻れるといいな


マグネットなのですが、外れたりはしないですが、元の位置に戻らないので、手帳のままカメラ撮ろうと思ったら、ちょっとサイドにケースがフレームインしているときがあります。

ちなみに同タイプの↓はレビューを見る限り、元の場所に戻りそうです。

 

磁気カードが使えない

だいぶ磁気カードが少なくなり、ICカードになってきましたが、未だにクレジットカードやホテルの客室カードなど磁気カードがあるので、ちょっと気になるところです。

まとめ

かなり満足です!

しばらくこのケースを使うことになるでしょう。
おしい点が改善されたすぐ買うかもしれませんw

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で生活改善ライフをフォローしよう!

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

iPhone、スマホのコンセントまわりのグチャグチャを解消するUSBコンセント

【オススメ】ハワイ・ホノルル現地受取のVision MobileのポケットWif...

iPhone標準カメラで接写でボケないようにする技

【100均材料で】ディスプレイ縦置きスタンドを自作

スマホでクリックポストをやってみた

最強の車載テーブルを見つけた[アウトドアも使える!?]