ウェット・アンド・ワイルドのダ・フロー・ライダーに挑戦してみた

どうも110です。
ハワイ旅行で「ウェット・アンド・ワイルド」に行ってきました。

ウェット・アンド・ワイルドとは?
東京ドーム3個分の敷地に、25個のアトラクション&スライダーがあります。
子ども向けのトラクションやプールもあり、大人から子どもまで楽しめる究極の水遊び」が楽しめるハワイで唯一の水のテーマ・パーク。

公式サイト:http://www.jpwetnwildhawaii.com/

わざわざハワイまで行って、なぜプールと思われた方も多いと思いますが

今回の目的はこちら

「ダ・フロー・ライダー」

ダ・フローライダー

参照:http://www.jpwetnwildhawaii.com/attractions/daflowrider/

ダ・フロー・ライダーとは?

すごい勢いの水が流れているところに、板を使って乗るスポーツ(レジャー)。
人口的に波を作り、サーフィンする施設もありますが、それとは少し違いますね。

(人口波のサーフィン)こちらも面白ろそうですね。

板もサーフィンと比べ小さいですし、流れてくる水に乗り、その場にいるので少スペース(20m×10mぐらいかな)で楽しめます。

ちなみに、ボディーボードも楽しめます!

スタンド・アップは年齢制限がありますが、ボディーボードは小さい子でもやっていたのでないと思います。

なぜダ・フロー・ライダー?

以前、私は本物のサーフィンを挑戦したことがあります。

私はスノーボーダーなので、軽くできるだろうと考え、講習を受けず、板だけをレンタルし海にでました。

すると、立つどころか、波に乗るタイミングがつかめず、波に乗る感覚すら掴めず、海に遊ばれてしまうという苦い思い出がありました。

立つことさえできれば・・・

そんな悶々とした思いがあり、かっこよいサーファーを見る度に思っていました。

 

そんな僕の救世主が「ダ・フロー・ライダー」!

なぜなら、ダ・フロー・ライダーなら最初から立ってランディングするのである。

立つことさえできれば楽勝なのさ・・フフフ・・・

 

しかし、ダ・フローライダーは私が調べる限り、日本に同等の施設はなく、海外でしかできません以前ナガシマスパーランドにあったみたいですが、現在はお休み中のようです

ということでハワイで挑戦となったのです。

料金について

ウェット・アンド・ワイルドはホノルルからかなり離れています。

THE BUSで行くのであれば、1時間半近くかかり、乗り換えもあるそうです。(THEBUSで行った方のブログ

THEB USだと一律$2.50なので安く行けそうでしたが、英語もしゃべれなですし、乗ったこともないです、なにより面倒そうなので、1日入場券のみのものより20$ほど高いです。「ホノルルのホテルからの送迎付きのプラン」で行くことにしました。

THBUSだと往復5$なので、$15ほど節約できますので、どうしても安く行きたい方は試してみるのもありかもしれません。

送迎付きプラン(トランスポーテ―ション・パッケージ)

大人(12歳以上):$73.29 子供(3~11歳):$62.82

<含まれるもの>
1日入場券(ダ・フローライダー、アイランド・アドベンチャー・ゴルフ除く)・往復送迎バス

その他BBQ付きプラン・1日券のみプランの料金はこちらから確認ください。

ダ・フローライダーの料金

ダ・フローライダーは1日券に含まれません

ダ・フローライダー ボディーボード又はスタンドボード:$6.00/回
ボディーボード乗り放題:$10.00/日
スタンドボード&ボディーボード乗り放題:$15.00/日

割りと高いです。

私はもちろん「スタンドボード&ボディーボード乗り放題」プラン。

ダ・フローライダーをする人の注意事項

パスポートは忘れずに

フロー・ライダーのチケット(ブレスタイプ)は1日券とは別に入場してから、中央のテントで購入します。

購入する際に、にパスポートが必要なのです。(ボディーボードはいらないようです。)

私は持っていくの忘れてかなり焦りましたが、ESTA申請の画面キャプチャがあり、パスポート情報がわかったのでなんとか乗ることができました。

ダ・フローライダーをやりたい人は忘れずにお持ちください。

いざバスにのって出発

私たちは送迎付きだったので、ホノルルのホテルの前までバスがやってきました。

その後、数件ホテルによって、そのままウェット・アンド・ワイルドまで行きました。

所要時間は1時間弱でつきました。THE BUSより30分は早いですね。

少し値ははりますが、乗換えもないですし、満足です。

いざ!ウェット・アンド・ワイルド

入場

ウェット・アンド・ワイルドは基本的に食べ物・飲み物は一切持ち込みできません。

ただ、ペットボトルに入ったお水のみ大丈夫です。
タンブラーみたいな、中身の見えないものは没収されていました。

早速・ダ・フロー・ライダー

入場して、早速やろうと思ったのですが、まさかの・・・

 

稼働していませんでした。

いやいや嘘だ・・・・
「きっとまだオープンしたてだから」と信じ他のスライダーに移動。

とりあえず2・3スライダーを乗っていると・・・

 

 

ダ・フローライダーが動いているやないか!

ということで、ダ・フローライダー。

ウェット・アンド・ワイルド ダ・フローライダー

 

うぉー

あがるー

たぎるー

 

ということで早速並んでみました

上から見ると、波の勢いが強いのがわかります。
思ったより、水かさはなく、滑ると板が微かに底に付く感じがします。


ほとんどが、ボディーボードでしたが、私の前の前のおっさんがスタンドアップ。

めちゃくちゃ気持ちよさそうに滑ってるー

こんな感じ↓

 

 

やばい!

できる気しかしない!

はやくやりたすぎる!

 

いよいよ私の番です。

行くぜー

 

いざライドオン!

サー

 

 

バッシャーン

 

いやいや今のはミス・・・
気を撮り直して・・・

 

 

サー

 

バッシャーン

 

うーん

 

 

めちゃくちゃ難しいじゃないか!

ということで、私の自信はもろくも崩れてしましました。

やる気がだんだん下が・・・

 

 

るわけねー!

 

めちゃく難しいですが、めちゃくちゃアドレナリンがでます!

面白すぎです!

 

とりあえず、そこから他のスライダーに目もくれず、1日中、やっていましたが、満足いく滑りはできませんでしたが、

私の5回目くらいの滑り、(最後までこんなものでした。)


かなり楽しめました。

 

かなりひどい転び方をしていますが、下か少しクッションがあるのでそこまで痛くはありませんが、多少は痛いです。

 

あー悔しい!

絶対リベンジしたと思います。

システム

ダ・フローライダーはコケたら終わりというわけではなく、時間制です。
厳格には決まってないですが、1回5分くらいだと思います。

スタッフがいるので、その人が笛を吹いたら終了です。

混み具合

1日中いましたが、最大で10人ほどならんでいました。
あとはだいたい5人ほどがループしている感じです。

ちなみに殆どがボディーボード。

スタンドアップでやっている人はほぼいません。スタンドアップでやっている人は大抵うまいです。

私たちは下手ですが、コケてもコケても立ち上がっていたので、何人かから「ナイスファイト」的な声をかけられました。

その他

ウェット・アンド・ワイルド ランチ

あまり美味しそうなメニューはありませんでしたが、持ち込み禁止なので場内にある唯一のフードコートで食べるしかありません。

ピザ、バーガー、ホットドックなどがあります。

私はホットドッグ(約10$)を食べました。

ウェット・アンド・ワイルド ホットドッグ

ポテト付き

ウェット・アンド・ワイルド ポテト

予想どおりですが、 おいしくないです
ただ、ポテトは体が疲れていたこともあってか、スパイシーで予想外に美味しかったです。

ロッカー

ロッカーが結構高いです。
私たちは貴重品は防水ポーチに入れていたので使用しませんでした。

ロッカー・レンタル 小$13.00 大$18.00

 

まとめ

スノボーがそこそこ出来ても、ダ・フローライダーは全く別物だがかなり楽しめる

日本でもこれができるところないかなーぜひやりたいです!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で生活改善ライフをフォローしよう!

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

アイランドビンテージコーヒー(ハワイ)のポキボウルが激旨!

USJ パークフロントホテルのラグジュアリーフロアに泊まってみた

ガストの390円のテイクアウトお弁当がかなりオススメ

海外旅行の持ち物チェック表

カイマーケット(KAI MARKET)の絶品ホテルビュッフェを食す【ハワイ・ホノ...

ガストで400円安く食べる方法[ガストアプリ]